トランクルームを使用する前に知っておきたいこと

屋内型のトランクルームは抜群の環境

安全で快適な建物の中で営業している屋内型のトランクルームでは、屋外型とは異なったメリットがあります。形態としてはコインロッカーに近く、毎月の利用料金を指定された方法で支払うことで、貸し出された空間に自由に荷物を出し入れできます。借りられる広さはロッカーから部屋まで色々ありますが、まだ空いている空間だけであり、気になるトランクルームを見つけたら早めに契約した方が賢明です。
受付にスタッフが常駐していることも多く、安心感ではやはり抜群のサービスと言えます。もっとも、スタッフ常駐は日中の時間帯のみで、それ以外の時間帯は無人になっているパターンもよくあります。部外者はトランクルームの内部に立ち入れない仕組みになっている上に、警備会社による専門的な警備が行われているので、夜間でも安全な環境です。セキュリティの高さだけではなく、業務用の空調によって常に温度と湿度が一定に保たれている点も素晴らしく、衣類などのデリケートな品の保管にも向いています。
気軽に利用してもらうためにデザインにも工夫が施されていて、オシャレなカラーリングと配置になっているのが、屋内型のトランクルームです。別料金で提携している運送業者に運んでもらえる等のサービスがあるので、一度置いたらしばらく動かさない大型の荷物の保管場所としても最適になっています。

家財道具の預かりとトランクルームの違い

引越し業者では、引越しにおける一時的な家財道具の預かりサービスを実施しています。この家財道具預かりサービスとトランクルームの違いは、主に荷物の出し入れができるかどうかです。前者は、専用のコンテナに一式を収納した後に倉庫に積み上げてしまうので、約束した日付になるまでは基本的に荷物を出せません。それに対して、後者のトランクルームはいつでも自分が借りた場所を利用できるので、自宅の押し入れやクローゼットと同じ感覚で使用できます。
契約の種類も違っていて、倉庫で保管する家財道具預かりサービスは寄託契約、一定のスペースを借りるトランクルームは賃貸借契約が主流です。預けた荷物に対する保証や責任の範囲が異なるので、契約時にはどの契約なのか、そして、補償の有無についても入念にチェックしておきましょう。寄託契約では荷物を預かることが重視されていて、預かった業者には十分な注意を払って保管する義務が発生します。
物件の一部を借りる賃貸借契約では、預けた品物については原則的に自己責任であり、業者は貸し出しているスペースに対して責任を負っています。契約書の文面によっても定義は変わるから、書類を細部まで読み込んで、疑問点があれば契約の前に質問しておくべきです。

新着リスト

2017年08月23日
トランクルームを使用する前に知っておきたいことを更新しました。
2017年08月23日
高利回りが期待できるトランクルーム投資を更新しました。
2017年08月23日
画期的なサービスであるトランクルームの活用法を更新しました。
2017年08月23日
トランクルームを借りる距離を更新しました。

コンテンツ

画期的なサービスであるトランクルームの活用法

荷物置き場として活用 トランクルームは、狭い部屋の人でも快適に暮らせるツールとして利用できるものです。もち…

» 詳細はコチラ

高利回りが期待できるトランクルーム投資

魅力的な投資運用 最近ではトランクルームに対する投資というものがはやっているのでありますが、トランクルーム…

» 詳細はコチラ

トランクルームを使用する前に知っておきたいこと

屋内型のトランクルームは抜群の環境 安全で快適な建物の中で営業している屋内型のトランクルームでは、屋外型と…

» 詳細はコチラ

Copyright(C)2017 荷物の保管に困ったら!保管に便利なトランクルーム All Rights Reserved.